白内障手術について

 白内障は、目の中のレンズの役割をしている水晶体が濁る病気です。症状としては視力の低下、視界が暗くなる、視界が霞む、異常に眩しさを感じる等が挙げられます。

 発症すると、基本的に手術をしない限りは治りません。白内障は高齢の方に多い症状で、自覚があっても手術されない方もいらっしゃいますが、ごく初期の段階で発見した場合は薬を使って症状の進行を抑えることもできますし、日常生活に支障がなければ手術をせずに経過観察を続けて様子を見ることもできます。患者様の生活スタイルやご要望に沿った治療を行いますので、お気軽にご相談下さい。

白内障手術の流れ

 手術では、濁った水晶体を取り除き、代わりに眼内レンズを挿入する治療を行います。手術はごく短時間で終了しますので、手術当日はそのままご帰宅頂けます。白内障手術は1週間の間隔をあけて片眼ずつ行います。内障手術について不安な点がありましたら、当院スタッフまでお気軽にご相談下さい。

1:予約と検査 手術の予定日を決め、目の状態確認や眼内レンズ度数決定のため検査、血液検査を行います。
2:手術日までの準備 手術3日前から術前の点眼薬を使用して頂きます。
3:手術日当日 お約束した時間に来院して頂き、術前の点眼や内服を行います。来院から3時間程で帰宅できます。
4:手術後の通院 経過観察のため、定期的な通院が必要です。状態を見ながら点眼薬等を処方しますので欠かさずお願いします。

白内障手術の費用について

患者さんの年齢や所得によって金額が異なります。(高額療養費制度)

70歳以上の方

対象者手術費用
1割・2割負担の方

12,000円

(非課税世帯の方は8,000円 ※事前に手続きが必要です)

3割負担の方 44,400円

※ 上記は高額療養費制度を利用しての金額となります。定められている自己負担限度額により、両眼の手術をしても上記金額以上はかかりません。ただし、高額療養費制度は月ごとの計算になるため、左右の手術月が異なる場合は上記金額の倍額となります。

70歳未満の方

対象手術費用
片眼手術 約50,000円
両眼手術 約90,000円

※ 検査、診察または使用する薬剤を含む費用です。

※ 上記金額は、3割負担での試算です。これに高額療養制度が加わると、患者さんの所得によって費用が異なる割合があります。

多焦点眼内レンズ(先進医療)

対象手術費用
片眼手術 約330,000円
両眼手術 約660,000円

※ 自費診療となりますので、年齢に関わらずにこの費用がかかります。

※ この他に、検査・診察・薬剤の費用がかかります。(保険診療分)

Q手術中、痛みはありますか?
A

手術の際は点眼麻酔を使用しますので、痛みはほとんどありません。患者様の中には、瞬間的にチクリとしたり、圧迫感があったという方もいますが、気になるほどの痛みではないようです。ご安心下さい。

負担割合所得区分手術費用
1割・2割 【一般】 12,000円
1割・2割 【低所得Ⅰ・Ⅱ】

8,000円

※事前に手続きして限度額適用

認定証を提示してもらった場合

3割 【現役並み所得】

44,400円

  • 目のお悩みはお気軽にご相談ください
  • 目のお悩みはお気軽に
    ご相談ください

  • 目のお悩みはお気軽にご相談ください
    • 目のお悩みはお気軽にご相談ください top_image09_sp.png
    • メールお問い合わせメールお問い合わせ